MENU

無痛分娩 Painless delivery

 
 
 
 
 
 

無痛分娩のご案内

鎌ヶ谷バースクリニックでは、妊婦さんと赤ちゃんにやさしい無痛分娩を行なっております。

鎌ヶ谷バースクリニックの無痛分娩への取り組み・考え方

お産は痛くなくてはいけないのでしょうか?
お産のために痛みを我慢することが良いことなのでしょうか?
今から170年前、スコットランドで無痛分娩が初めて行われて以来、妊婦さんの痛みを緩和する医療は着実に発展してきました。
残念ながら、我が国には昔から「お腹を痛めてこそ、、、」という非科学的な考え方が依然として残っています。
現代の妊娠・出産は人それぞれ様々なニーズがありますが、誰しも赤ちゃんとの「はじまり」が苦しみとともにあることを望む人はいません。
「はじまり」が痛みと不安の記憶とともにあってはならない。
その考えから、鎌ヶ谷バースクリニックでは安全で確かな無痛分娩に取り組んでいます。

鎌ヶ谷バースクリニックの無痛分娩のポイント

  • 365日24時間無痛分娩に対応しております。
  • 硬膜外麻酔を使用した完全無痛分娩です。
  • 自然分娩を希望された方でも、分娩中に無痛分娩へ変更することも可能です。
  • 無痛分娩は麻酔科医もしくは正規の麻酔トレーニングを受けた産科麻酔医が担当いたします。

無痛分娩はじめてガイド

無痛分娩とは?

無痛分娩とは、170年以上の歴史があり、欧米では広く行われており、
とくにアメリカでは経腟分娩の際にはごく普通のものとして行われております。
陣痛の痛みを取り除くことによって、
妊婦さん、赤ちゃんにストレスなくお産に臨んでいただく方法です。

無痛分娩の方法は?

当院の無痛分娩は硬膜外麻酔によって行います。
硬膜外麻酔とは、背骨の中にある硬膜外腔という部位に
カテーテルという細いチューブを留置し、
麻酔薬を注入して子宮が収縮する感覚は残しながら無痛を獲得する方法です。
硬膜外麻酔の施術の痛みはほとんどありません。

無痛分娩のメリットは?

陣痛の強い痛みや痛みに対する恐怖心は妊婦さんにとって強いストレスとなります。
母体のストレスは子宮への血流を減少させ、赤ちゃんへのストレスにもなります。
無痛分娩により陣痛の痛みが消失するため、母体のストレスが減少し、
赤ちゃんのストレスも抑えることができます。
これにより、妊婦さんと赤ちゃんが良い状態でお産を迎えることができます。
育児は出産が終了した時点から始まります。無痛分娩は痛みが無く、
ストレスが少ないため、体力を温存することができます。
これにより出産後にスムーズに育児を開始することができます。

無痛分娩のデメリットは?

無痛分娩のデメリットは硬膜外麻酔による合併症があります。
また、分娩時間が普通分娩より長くなる傾向があります。
しかし、赤ちゃんが生まれた際の元気さの指標は普通分娩と場合と変わらないことが証明されています。

無痛分娩費用Painless delivery

利用別シミュレーション

個室利用

※ 下記料金に部屋料金は含まれません。

予定無痛無痛分娩麻酔手技・麻酔管理料+ 100,000
緊急無痛緊急で無痛分娩を希望される場合+ 150,000

※無痛分娩を希望される方は、麻酔実施・管理上個室にご入院いただきます。
※個室代には消費税が加算されます。
※入院が延長する場合は産前では1日2万円、産後では1日3万円(新生児管理保育料1万円/日含む)が加算されます。
個室の場合は延泊分の個室代を合わせてお支払いただきます。

TOP
TOP